W受賞!

今年一年鵞流峡復活プロジェクトと共に活動してきた竜丘小学校が 南信州元気な森林づくり大賞に選ばれました。

受賞者を代表しての挨拶もなかなかどうして大したモノでした。

やはり自分達で考え、行動してきただけあって大人達の度肝をぬく見事な挨拶!

たまげました。

そして、もう一つ。

長野原竹宵の会。の皆さんも

南信州特用林産振興会長賞受賞!

なんとW受賞となりました。

いろんな世代が竹にまつわる活動をする事でおんなじ笑顔になれる。

あーー、ほんとにやってきて良かったぁーー!

おめでとうございます㊗️

これが竜丘小★超!「おもてなし」術…感謝の会

竜丘小学校6年生と当プロジェクトは、昨年2月の伐採体験(当時5年生)から始まって・若竹収穫・いなちくラベル製作・いなちく販売・竹灯籠作り、1年間を通じて様々な体験をしてきました。
その活動のフィナーレを飾るのは、子供たちからプロジェクトと地元の方に贈る「感謝の会」です!

2月12日、プロジェクトからは代表曽根原さん、伐採リーダー熊谷さん、竹宵の会代表大野さん、ラベルデザイン授業担当の伊藤さんが招待を受けました。

当日、会場に着くと…、檀上には大きなディスプレイ!
その前で子供たちがカレーランチの準備で忙しく働いていました。
90人分のカレーを作っています!

この会のコンセプトは「カレーの付け合わせに、福神漬けのかわりにいなちくを」。
なんとも新しい食の提案です!

開会宣言のあと、曽根原代表からの言葉がありました。
「鵞流峡の活動はこれからも続いていきます。みんなが中学高校に進んでも、ぜひこれからも一緒に地域の中で活動していこうね!」

さて、カレーはなんと辛口、中辛、甘口の3つの味がそろっていました。
さらにお米は子供たちが学校の前の田んぼで作ったもの。
もち米も入っています。

カレーといなちくを一緒に食べると、シャキッとした歯ごたえと塩気がルーとマッチして美味しい!
伊那谷流の食べ方として流行るかもしれません。

皆でワイワイと話しながらだと食が進みます。
何度もお替りにいく子供たちにつられて、プロジェクトメンバーもついつい食べ過ぎてしまいました。

食後には、子供たちからこの1年間の活動をまとめた発表がありました。
人前でしっかりと話ができていて、とても立派でした。
これだけの内容をまとめるのはとても大変だったと思います。

そのあと、曽根原代表は「実はメンちゃん(販売時に作ったゆるキャラ)に入ってみたかったんだ!」と言って、念願のメンちゃん体験をしていました(笑)

最後に、ラベルデザイン担当の伊藤さんが話をしました。
「一人ではできないことでもみんなが集まればできる、という今回の体験を大人になってもぜひ思い出して活かしてくださいね」

さて、名残惜しく閉会したあと、ビックサプライズなプレゼントが!!!

伊藤さんが呼ばれて壇上に上がると、生徒全員からのメッセージがまとめられたギフトブックを贈っていただきました。
10ページに及ぶ超大作です!

みんながしっかりと「デザイン」「ものを作って売るということ」「人に想いを伝えること」を理解してくれたことがわかるステキなメッセージが詰まっていました。
これを渡された時の伊藤さん、おもわず涙声になっていました。

鵞流峡の活動を経て卒業していく6年生。
これからも竜丘で会おうね!
そして地域を盛り上げていきましょう!!!

IVUSAとの連携がいよいよ!

IVUSA イビューサ

IVUSA イビューサ

※新型コロナウイルスの感染リスク拡大の可能性などを受け、地域のみなさまや参加者へ様々な影響を及ぼすことを考慮し、本件を中止することとなりました。(2020.02.26)

皆さん、IVUSAって団体はご存知ですか?

「1992年に国士舘大学で行った「夢企画」。 これは、学生たちが、創造力を活かし、夢を組み立て実行する。そんな「勇気」と「冒険心」と「遊び心」を持った夢を募集し、実現性、独創性、意気込みを含めて大学が審査し、その実行を大学がサポートするというものでした。学生の「夢」は様々な分野にわたっていましたが、中でも社会に貢献したいという企画が多くありました。
その中の「ラオス小学校建設活動」「多摩川清掃大作戦」「北海道南西沖地震災害救援活動」などに参加した学生たちの、「もっと活動をしたい!」という熱意で、IVUSAは組織化されました。その後口コミで様々な大学の学生がIVUSAの活動に参加するようになり、会員の増加と共に活動の幅も広がりました。現在では、約90大学・4,000人の学生が、「国際協力」「環境保護」「地域活性化」「災害救援」「子どもの教育支援」の5つの分野を軸に活動をしています。」(IVUSA HPより転記)

私達の若い頃とは全然違うなぁ、と感じます。

鵞流峡復活プロジェクトのメンバーで学生時代はこのIVUSAで活動していた小原君にボランティア活動のきっかけを伺った所、東日本大震災が起こり自分でもなにかしらやれる事があるんじゃないかと感じた事がきっかけとなったそうです。

小原くん

学生時代IVUSAでの活動、卒業後地元でもボランティア活動をしたい!との事からこの鵞流峡復活プロジェクトにも参加してくれました。
そしてこのプロジェクトとIVUSAも繋げてくれたのです。
3月14〜16日、いよいよスタートです‼️

IVUSA内での鵞流峡復活プロジェクト勉強会の様子です↓(外部リンク)
https://wedomore.themedia.jp/posts/7486304

IVUSAについての詳細はこちら↓(外部リンク)
https://www.ivusa.com/?page_id=7504

初心を忘れさせてはくれない(>人<;)

このプロジェクト、始まりは鵞流峡という県立公園内の不法投棄をなんとか無くしたい‼️という想いからスタートした団体でして・・・・・

皆さんの活動の賜物で かなり少なくなってきたゴミではありますが・・・・・

渓谷の整備をしているとボサの中から出てくる出てくる💢

今週末の作業では渓谷整備と同時にゴミの一斉撤去も行います。

が、が、が、

地域の皆さんの活動により ドンドン美しくなっている渓谷に お願いだから 気軽に?無意識に?ポイ捨てしないでください‼️‼️

キレイな水面の天竜川と鵞流峡の渓谷。

みんなで守っていって欲しいですね。

分かりやすいメンバーです。

今年の現場は舟に乗って移動します。

鮎の遡上のように 激しい天竜の流れに逆らって上流へと!

自然とテンションもアゲアゲに!

こんな感じです。

ちなみに舟に乗らない現場だと・・・・・

ねっ、分かりやすいでしょ(*゚∀゚*)